乳酸菌の種類

乳酸菌は善玉菌の一つですが、ひとくくりで乳酸菌と呼んでいるだけであって、様々な種類があります。どれも同じ乳酸菌ではありますが、それぞれ特性があることも知っておきましょう。乳酸菌のいい効果を期待して摂取を考えているときは、乳酸菌の種類についての知識も身につけて、より自分に合った乳酸菌を見つけられるといいですね。

 

乳酸菌にある、2つの分類

乳酸菌の種類といえば、まず知っておきたいのは2つの分類です。動物性乳酸菌と植物性乳酸菌です。動物性乳酸菌を多く含んでいるのは、乳製品ですね。ヨーグルトやチーズなどです。世間では、乳酸菌=動物性乳酸菌というイメージが強いですね。ヨーグルトドリンクが最近人気ですが、これも動物性乳酸菌です。

 

もう一方の植物性乳酸菌についてですが、こちらはあまり知られておらず乳酸菌というイメージがないのですが、実は人間には植物性乳酸菌のほうが身近な存在なのです。今でも日本人はよく使っている、味噌や醤油などがありますね。いつも使っている調味料なのに、乳酸菌が含まれているなんて知らないという人が多いのではないでしょうか。

 

動物性と植物性は同じ乳酸菌なので、2つに分類はされていますが乳酸菌であることに変わりはありません。人間の体内に入ると、乳酸菌は腸まで届いてやっと力を発揮するのですが、動物性と植物性ではその確率が少し違うといわれています。
植物性の方が腸まで届きやすいという特徴があるので植物性の方がいいのでは…と思いますが、乳酸菌は胃酸で死滅したものでも悪玉菌の排出を助けてくれるので、動物性の乳酸菌も体内でしっかりと役立ってくれます。

 

様々な乳酸菌の種類

乳酸菌は店頭に並んでいるヨーグルトドリンクを見てもわかるように、様々な乳酸菌がありますよね。それぞれ大手メーカーが独自で開発したものだとか、効果が発見されたものだとか…最近もいろいろな乳酸菌が見つかって効果を期待されています。その中でどうやって選ぶかですが、やはり自分が改善したいと思っている症状に効果が期待できるものを選ばなくてはいけません。

 

乳酸菌はどれも同じと考えるのではなく、ちゃんとそれぞれの特徴や効果の違いを調べたうえで探したいですね。調べてみると、意外な特徴がある乳酸菌もあります。

 

アレルギー症状の緩和、便秘解消、肌荒れや風邪予防などなど…乳酸菌を摂取することで得られる効果を期待しながら、自分に合った乳酸菌を選びましょう。