ビフィズス菌との違い

乳酸菌と似ているものの一つに、ビフィズス菌があります。乳酸菌と同じぐらい、耳にすることが多いですよね。乳酸菌=ビフィズス菌と考えている人も多いのですが、実は似ているようで違うものである、ということを知っておきましょう。乳酸菌とビフィズス菌の違いをご紹介します。

 

ビフィズス菌って何?

 

ビフィズス菌は、善玉菌の一つです。善玉菌の中では、約99.9%を占めています。乳酸菌よりも圧倒的な量を誇っていますね。ビフィズス菌が生息できるのは、人間や動物の腸内に限れています。酸素があると生息できない、偏性嫌気性という性質を持っているという特徴があります。
ビフィズス菌は腸内で糖を分解、そして乳酸を作り出す役目があります。それ以外にも酢酸やビタミンB、葉酸なども作り出すこともできます。

乳酸菌って何?

 

乳酸菌も、ビフィズス菌と同じく善玉菌の一つです。腸内には善玉菌の0.1%以下となっており、数ではビフィズス菌にかなりの差をつけられています。しかし、このビフィズス菌と乳酸菌のバランスこそがベストであり、乳酸菌が増えすぎても腸内環境が悪化してしまいます。
乳酸菌は糖を分解し、乳酸菌を作り出します。作り出すものの50%以上が乳酸であるという基準があります。
乳酸菌は人間や動物の腸内に生息しながら、酸素があっても生息できる、通性嫌気性という特徴があります。そのため、発酵食品にも用いられることが多く、食品のうまみをアップさせる働きもあります。

ビフィズス菌と乳酸菌の関係

ビフィズス菌と乳酸菌は、どちらも善玉菌の一種であり、人間の腸内では共存しています。割合こそ違うものの、ビフィズス菌と乳酸菌は一緒にいることで人間の腸内環境をいい状態で保つための、仲間なのです。そのため、どちらかが足りない、どちらかが多すぎる、という状態は人間にとっていいとはいえません。

 

ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取する人は多いですが、その時にビフィズス菌も一緒に摂取できるかどうか、必ず確かめましょう。ビフィズス菌入りヨーグルトの方が、より人間の腸内環境の改善に役立ってくれます。

 

サプリメントを選ぶときも同様です。乳酸菌サプリの中にビフィズス菌も同時に配合されているものを選んだほうが、より効果が期待できるでしょう。もしもビフィズス菌が含まれていない場合は、別のサプリメントで補ってあげるといいですね。ビフィズス菌と乳酸菌は切っても切り離せない関係です。お互いをより活かせる状況を作ってあげるのも、自分の健康に大切なことです。